トップへ » 当院の特徴 » 医療安全対策について

口腔外科専門医が考える「総合病院レベルの滅菌消毒」

消毒・滅菌について

大学病院や総合病院の滅菌・消毒は、手術や入院患者さまの院内感染防止のため、一般診療所以上のレベルの高い滅菌・消毒が求められます。当院は口腔外科専門医として、総合病院の勤務経験をもとにスタンダードプリコーション(標準予防策)の考え方を取り入れた滅菌消毒システムを構築しました。

具体的には、器具、機材に合った滅菌方法をとって院内感染を防止し、安心安全な歯科診療を提供するスタッフも、常に清潔を徹底して行動しています。

安心安全な治療を行うために お口の中に入る物はすべて滅菌を行ないます。使用済み診療器具については、ディスポーザブル器具は速やかに廃棄処分として、廃棄できない器具類は徹底的な洗浄を行い、乾燥と滅菌を行い保存します。

この滅菌消毒システムはスタッフと共にミーティングをかさね構築しました
滅菌消毒機器はこちら

歯科外来診療環境体制が整った医院として認められています

歯科外来診療環境体制が整った医院当院は、次のような環境体制を整えたことで、「歯科外来診療環境体制」が整った医院として東海北陸厚生局より認証を受けました。

歯科外来診療環境体制の施設基準とは、歯科診療の特性をふまえ、患者さまにとってより安全で安心できる歯科外来診療の環境整備を図る取り組みに対する評価です。

安心・安全で良質な医療提供を目指す環境体制
1.医療安全管理マニュアルを作成し、安心・安全な医療を心がけています。
2.治療器具の洗浄・殺菌・滅菌を徹底しています。
3.切削器具やバーは患者毎に滅菌しています。
4.治療手袋・紙エプロンは患者毎に交換・使い捨てです。
5.口腔外バキュームや空気清浄器を設置しています。
6.医療廃棄物は法令順守し、適切に処理しています。
7.急変に対応するためAED・心電計・救急蘇生薬を用意しています。
8.定期的に救急訓練を実施し、医療安全講習会に参加しています。
9.緊急時の搬送先として名城病院と連携しています。

予防と緊急時の訓練を実践しています

デンタルショック当院では医療を提供する側として、常に患者さまの安全・安心を考えております。

その一環として、デンタルショックへの緊急マニュアルを作成し、年に数回、当院のスタッフ全員で、訓練を行っています。

また常日頃から、患者さまと十分なコミュニケーションをとり、精神的なストレスの軽減、痛くない局所麻酔注射などの工夫により予防しています。

デンタルショックとは?
デンタルショックとは、疼痛性ショックや神経性ショックとも言われ、痛みを我慢しながら歯科治療を受けていた患者さまが突然意識を失われる状態です。

どうして起こるの?
歯科治療中、場合によっては、精神的ストレス(不安、緊張、恐怖感)と肉体的ストレス(痛み)により交換神経が緊張して血圧上昇、頻脈を起こします。

これを正常に戻そうとして副交感神経が働いて血圧や脈拍を下げますが、この働きが過剰になると血圧低下や徐脈が進み、ショック状態となります。

【各種の救急設備】緊急時に備え、救急設備を整備しています

当院では、安心・安全な治療を提供するために、緊急時の訓練に加え、救急設備を整備しております。
患者さまには、確かな技術と快適な環境で、安心・安全な治療を提供しておりますが、万全な体制を整えた上で患者さまに治療を提供したいと考え、救急設備を整備しております。

救急設備一覧
救急設備1.酸素ボンベセット
・酸素ボンベ
・酸素マスク、バッグ、両鼻カニューレ

救急設備
2.血圧計・輸血セット
・点滴棒、按等台
・輸液キット
・血圧計、パルスオキシメーター

救急設備3.AED

救急設備4.生体情報モニター

救急設備5.救急薬
・救急薬セット、エピペン15mg、30mg

救急設備6.救急薬使用チャート、救急連絡帳、デンタルショックマニュアル


トップへ » 当院の特徴 » 医療安全対策について


PAGE TOP