トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 補綴物に使う材料も違います

補綴物に使う材料も違います

保険治療と自費治療の違い詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)などの補綴物は歯の一部として、常にお口に入っていることになります。

そのため、補綴物の材料には、お口の中の組織によくなじみ生体安定性が高いこと、アレルギー反応が少ないこと、天然の歯に近い硬さを持ち、なるべく長期にわたり安定して利用できることが求められます。

しかし、現実的には、保険治療で使用できる補綴材料は、生体安定性やアレルギー対応、硬さや丈夫さなどの条件が充分に満たされているとはいえません。

自費治療は、美しく丈夫さも優れた材料を使います
自費治療では、プラーク(歯垢)が付着しにくく、美しく丈夫な"セラミック素材"を使用できます。また、土台となる部分にも、歯根が割れてしまうリスクが少ない精度の高い材料を使うことができます。


トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 補綴物に使う材料も違います


PAGE TOP