トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 自費治療の型取りは、ここが違う

自費治療の型取りは、ここが違う

保険治療と自費治療の違い自費治療では、シリコン素材を利用した型取りを行います。シリコン素材は、変形することがほとんどなく、ちぎれにくい素材です。

さらに診療コストと時間に制約がないので、歯肉圧排という歯と歯肉の間に糸を入れて境界を明瞭にするテクニックを併せて行なうことができ、精度の高い型取りが行なえます。その結果、適合精度が非常に高くなります。

限りなく隙間のない詰め物や被せ物を作ることができるため、治療後の経過が良く、再治療のリスクを抑えることができます。結果として、保険治療に比べて、自費治療の方がずっと長持ちすることになるのです。


トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 自費治療の型取りは、ここが違う


PAGE TOP