トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 保険治療で使われる型取り素材とは

保険治療で使われる型取り素材とは

保険治療と自費治療の違い通常の保険治療で使われている型取り素材は、食品の寒天と同じ海草からできています。寒天素材は体には安心安全な素材ですが、その性質上、時間の経過や少しの温度変化により変形しやすく、ちぎれやすいという欠点があります。

また、精度が低いため、詰め物や被せ物に隙間や段差が生じることがあります。その結果、短い期間でまた虫歯になり詰め物が外れてしまったり、歯周病が進行してしまうといったリスクがあるのです。


トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 保険治療で使われる型取り素材とは


PAGE TOP