トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 当院が考える、保険治療と自費治療の違いについて

当院が考える、保険治療と自費治療の違いについて

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療の違いは、"費用"や"銀歯と白い歯"などの差だけではありません。
噛むという機能面はもちろん、治療結果が長持ちし歯の健康を維持すること、再治療のリスクが軽減する健康面でのメリット、また、見た目の美しさという審美面においても、大きな違いがあります。

ぜひ、治療時の費用の比較だけにとらわれず、将来的な歯の健康や美しさ、長い目で考えた経済性を考慮して、治療をお選びください。

医科と歯科の保険治療の違い
医科の治療は命に直接関わることが多いため、いい治療や最近の治療は全て健康保険の範囲でまかなう事が出来ます。それに対して歯科治療は、直接生命に関わらないので、痛みを取る、噛めるようにするための最低限度の医療を健康保険でまかなう仕組みになっています。

そのため、保険の詰め物、被せ物や義歯などは40年以上前の治療水準で、かつ40年前からほとんど変わらない治療報酬で行っているのが実状です。また、使用金属に至っては金属アレルギーの危険性のあるパラジウムを使わざるを得ず、この金属は欧米では使用禁止となっています。

世界水準の最新の歯科治療は保険では行なえない、自費治療でのみ可能であることをご理解ください。

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療はココが違います
歯科治療は、保険治療と保険外の自費治療に分けられます。保険治療と自費治療では、治療費に約3倍から10倍以上の違いがあります。保険治療は安価で治療を受けることができ、軽度の虫歯治療など保険治療で十分なものもあります。

しかし、保険治療では治療方法が限られ、限られた時間・費用の中での治療となってしまうことが多いのです。また、あらかじめ決められた材料しか使うことができないので、長持ちさせることが難しく、また、審美的な面などで課題が残ることがあります。


トップへ » 当院の特徴 » 保険治療と自費治療の違い » 当院が考える、保険治療と自費治療の違いについて


PAGE TOP