トップへ » 当院の特徴 » 医療安全対策について » 口腔外科専門医が考える「総合病院レベルの滅菌消毒」

口腔外科専門医が考える「総合病院レベルの滅菌消毒」

消毒・滅菌について

大学病院や総合病院の滅菌・消毒は、手術や入院患者さまの院内感染防止のため、一般診療所以上のレベルの高い滅菌・消毒が求められます。当院は口腔外科専門医として、総合病院の勤務経験をもとにスタンダードプリコーション(標準予防策)の考え方を取り入れた滅菌消毒システムを構築しました。

具体的には、器具、機材に合った滅菌方法をとって院内感染を防止し、安心安全な歯科診療を提供するスタッフも、常に清潔を徹底して行動しています。

安心安全な治療を行うために お口の中に入る物はすべて滅菌を行ないます。使用済み診療器具については、ディスポーザブル器具は速やかに廃棄処分として、廃棄できない器具類は徹底的な洗浄を行い、乾燥と滅菌を行い保存します。

この滅菌消毒システムはスタッフと共にミーティングをかさね構築しました
滅菌消毒機器はこちら


トップへ » 当院の特徴 » 医療安全対策について » 口腔外科専門医が考える「総合病院レベルの滅菌消毒」


PAGE TOP