トップへ » 治療について » 一般歯科(無痛治療)

できるだけ痛くない治療を工夫しています

無痛治療

「痛い」「怖い」という方にも安心な、痛みをできるだけ軽減した治療を心がけています。

麻酔注射の前に、表面麻酔
歯科治療が痛くてイヤという方は、そもそも麻酔をする時の最初のチクリが苦手なもの。
当院では、まず"表面麻酔" を使用することで、チクリとする麻酔の痛みを減らしています。

表面麻酔は、患部に吹き付けたり、塗ることで麻酔効果が得られる薬剤で、もちろん液を塗るときに痛みは感じません。

だんだんと麻酔が効いてきた後に、麻酔注射を行いますので、痛みを感じることなく、麻酔することができます。

痛くない治療さらに、極細注射針で痛みを軽減
麻酔注入時の痛みの原因は、針の太さと注入圧です。
当院では、麻酔の痛みを和らげるために、33ゲージという極細針を使い、ゆっくりと一定速度で圧力をかけずやさしく注入します。そのため、麻酔の嫌な痛みを緩和することができるのです。

虫歯の進行度と治療法

虫歯の症状に合わせて、適切な治療を行います

CoCo(シーオー 初期う触)
【症状】
虫歯が始まったばかりの状態。まだ穴があいたり、黒ずんだりはしていません。要観察歯とも言われます。

【治療法】
歯の表面が溶け始めているため、フッ素入りの歯磨き粉を使ってブラッシングし、再石灰化をうながします。

C1C1(エナメル質う触)
【症状】
虫歯菌によって表面のエナメル質が溶かされ、小さな穴があいています。象牙質には達していないため、痛みはありません。放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要ですが、削る部分は最小限で済みます。

【治療法】
必要最小限の歯を削り、保険適応の白い詰め物を詰めます。

C2C2(象牙質う触)
【症状】
虫歯菌がエナメル質の下にある象牙質まで溶かしてしまった状態です。まだ神経に達していないので、強い痛みはありません。冷たい物や甘いものが浸みたり、触ると痛みを感じることがあります。

【治療法】
ここまで進行すると麻酔を使った治療が必要です。歯を削って保険適用の白い詰め物を入れたり、虫歯の進行度によっては患部を削って詰め物を制作し、装着します。

C3C3(神経まで達したう触)
【症状】
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達した状態です。歯髄炎を起こした状態です。歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることもあります。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

【治療法】
根管治療が必要となります。麻酔をして壊死した神経や膿を取り除き、治療を行います。

C4C4(残根状態)
【症状】
歯はほとんどなくなってしまい、根だけ残っている状態です。痛みは少ないものの、虫歯菌が血管を通り、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。

【治療法】
抜歯する可能性は高いですが、治療できる歯質が残っていれば根管治療を行います。


トップへ » 治療について » 一般歯科(無痛治療)


PAGE TOP