トップへ » 治療について » 小児歯科

スタッフの細やかな対応が自慢です

小児歯科

子ども好きなスタッフが、スムーズに治療が進むようにお子さんを上手にリードします。

歯磨きできない子もできるようになる
「歯医者さんが怖い」「歯磨きはいや」そんなお子さんには、まず綿棒で歯磨き粉をなめてもらい、少しずつ怖さやイヤな気持ちを取り除いて、ケアができるように進めていきます。

お子さんが進んで歯科に来てくれるように
治療を頑張ったお子さんには消しゴムのプレゼント。ハイタッチでほめてもらい、また元気に笑顔で来てもらえるように、きめ細かく楽しい対応を心がけています。

虫歯で痛がっている場合などは最小限の治療だけを行います。初回は慣れることを優先して、お友だちの話をして仲よくなり、好きな食べ物や生活を知り、ライフスタイルやパーソナリティを把握することに努めています。

小児歯科できるところまで、段階的に
2回目からは治療も少しずつ進めますが、泣いてしまうお子さんには無理に押さえつけて治療することは極力しません。不安な気持ちが消えるまでじっくり待ち、お子さんのペースに合わせて少しずつ治療を進めます。

治療を頑張ってくれたお子さんには「よく頑張ったね」と褒めて、バイバイと送り出します。褒められることで、歯科治療に対する苦手意識を克服し、歯を大切にする気持ちが芽生えてくると考えています。

虫歯予防メニュー

フッ素塗布フッ素塗布
歯にフッ素を塗る虫歯予防法です。歯科医院では市販の歯磨き粉の約10倍のフッ素を使います。虫歯リスクに合わせて、数ヶ月に一度(年に2〜4回)ご来院ください。

フッ素を塗る回数の多いお子さまほど虫歯が少ない傾向があります。 また生えてから2年以内の歯にフッ素を塗ると、特に高い効果が期待できます。

シーラントシーラント
奥歯などに多い歯の溝の部分をシーラントと呼ばれる粘着力のあるプラスチックで埋めて、虫歯になりにくくする予防法です。

歯の溝には、食べ物のカスなどが溜まりやすいため、このシーラントを埋めることで虫歯になりやすい状態を防ぐことが可能です。6才臼歯には特に有効です。


トップへ » 治療について » 小児歯科


PAGE TOP