トップへ » 治療について » 審美歯科

審美目的で健康な歯を削る治療はしません

審美歯科

歯科治療技術の進歩により、さまざまな材質の被せ物や詰め物が開発され、美しい歯並びや口元づくりが実現しています。

当院では、審美目的で健康な歯を削ることは行いません。しっかりと機能を考えた上で、歯の見た目を美しく整えます。患者さまのお口の中の状態や、ご要望、ご予算に合わせて、最適なものをご提案させていただきます。
また、黄ばんだ歯の漂白を行ない、「憧れの白い歯」を手に入れることができるホワイトニングもご用意しております。

当院のホワイトニングはこちら

被せ物や詰め物にも、審美性を追究
虫歯治療の銀歯や金属の詰め物、被せ物などが気になる場合、セラミックを使用して白く美しい歯にすることができます。セラミック素材は、機能性が高く、硬度が高く丈夫で、長く使用しても変色することがありません。
 

セレックオムニカム(CAD/CAMシステム)によるセラミック補綴物作製

セレックセレック当院ではコンピュータ制御で患者さまに合ったセラミック補綴物を作製することのできるセレックオムニカム(CAD/CAMシステム)を導入しております。

特殊な3Dカメラで撮影した患部の歯列をモニター上に再現し、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計、3Dプリンター(ミリングマシン)がデータをもとに修復物を作製します。

通常なら技工所に作製を依頼するセラミックの被せ物や詰め物を、院内にあるマシンで作製する事ができるので歯型を取る必要がありません。これにより1日(約1時間)での治療が可能な上に、経済的なメリットもあります。

セレックを使用したセラミック治療の特徴

【1】天然歯に近い審美性&質感を実現
さまざまな歯の色に対応できるため、周囲の歯との馴染みも良いセラミックを使用するので審美性に優れています。また、噛み心地や舌触りといった質感も、天然歯に近い自然な感触です。

【2】身体にやさしい、安心・安全な素材
金属アレルギーの心配がない生体親和性の高いセラミックは、変色や変形といった心配もなく、安心・安全・身体にやさしい素材です。

【3】コンピュータによる、精度の高い修復物
最先端のコンピュータシステムにより、従来の「手作業による修復物の作製」に比べ、作製時間の大幅な短縮を実現します。常に、安定した高品質、高精度の修復物を提供することが可能になりました。

多彩な材料をご用意しています

オールセラミッククラウンオールセラミッククラウン
審美性・耐久性のあるセラミックの被せ物です。欠けた歯や、大きさが不ぞろいな歯にかぶせて歯の色や形、歯並びなどを改善します。

虫歯などにより失われた部分が大きい歯にも対応でき、歯の形も大きく変えることができるので歯並びや噛み合わせを整えることでできます。

治療には土台(ファイバーポストレンジコア=審美歯科の世界標準)、歯型剤(シリコン印象材)、陶材(クラレノリタケ、セラビアン)など、現在、最もよいと考えられる材利用と方法を用いて精密な冠を作製します。

オールセラミッククラウンオールセラミッククラウンまた歯科用デジタルカメラ色調測定器(クリスタルアイ)で歯の色を記録して、隣の歯と変わらない色で仕上げ、歯全体の形や色調をカバーします。

メタルボンドクラウンメタルボンドクラウン
セラミッククラウンの1種で金属フレームをベースに、その表面に白いセラミック剤を焼き付けたものです。

セラミックによる審美性と金属の持つ強度という各々の長所を兼ね備えたクラウンです。従来はセラミックの差し歯というと、このメタルボンドクラウンを指すことが一般的でした。噛む力の強い奥歯や、欠損部のブリッジ治療には最適です。

オールセラミックインレーオールセラミックインレー
奥歯の銀歯などが目立って気になる場合や、金属アレルギーが気になるというケースに使われる詰め物です。透明性が高いため、より自然な色を再現できます。

唾液の吸収がないため口臭の心配もなく、天然歯と見分けがつかないメリットがあります。

ハイブリッドインレーハイブリッドインレー
セラミックインレーと比べると透明感はやや劣りますが、適度な粘り強さがあるので、噛む力の強い奥歯の詰め物には適しています。保険の詰め物と比べ、唾液の吸収が少なく、適度な固さで対合歯に優しいのが特徴です。


トップへ » 治療について » 審美歯科


PAGE TOP