トップへ » 治療について » 一般歯科(無痛治療) » できるだけ痛くない治療を工夫しています

できるだけ痛くない治療を工夫しています

無痛治療

「痛い」「怖い」という方にも安心な、痛みをできるだけ軽減した治療を心がけています。

麻酔注射の前に、表面麻酔
歯科治療が痛くてイヤという方は、そもそも麻酔をする時の最初のチクリが苦手なもの。
当院では、まず"表面麻酔" を使用することで、チクリとする麻酔の痛みを減らしています。

表面麻酔は、患部に吹き付けたり、塗ることで麻酔効果が得られる薬剤で、もちろん液を塗るときに痛みは感じません。

だんだんと麻酔が効いてきた後に、麻酔注射を行いますので、痛みを感じることなく、麻酔することができます。

痛くない治療さらに、極細注射針で痛みを軽減
麻酔注入時の痛みの原因は、針の太さと注入圧です。
当院では、麻酔の痛みを和らげるために、33ゲージという極細針を使い、ゆっくりと一定速度で圧力をかけずやさしく注入します。そのため、麻酔の嫌な痛みを緩和することができるのです。


トップへ » 治療について » 一般歯科(無痛治療) » できるだけ痛くない治療を工夫しています


PAGE TOP