トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法

歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病軽度歯周病
【症状】
歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分にプラーク(歯垢)がたまり、そこに細菌が繁殖して初期の歯周病となります。歯石が沈着し、歯ぐきが軽く腫れたり、出血することもあります。

【治療法】
まだ初期の段階ですので、歯科衛生士によるブラッシング指導とクリーニング(簡単な歯石除去)で回復できます。

中等度歯周病中等度歯周病
【症状】
口臭や出血もひどく、歯石もかなり目立ちます。歯周病原因菌によって骨が後退を始め、歯周ポケットも深く、歯がぐらついた状態になります。歯周内科治療の対象となります。

【治療法】
歯周病原因菌の除菌を行った後、歯の表面や歯周ポケットの歯石を取り、歯ぐきの状態が改善された段階で再検査を行います。歯周ポケットの奥まで歯石が着いている場合は、外科手術が必要な場合もあります。

重度歯周病重度歯周病
【症状】
歯ぐきが化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊され後退しています。歯のぐらつきも大きく、かなり危険な状態です。歯周内科治療の対象となります。

【治療法】
中等度歯周病と同じ治療を行いますが、症状によっては歯周外科で治療する必要があります。治療しても改善がみられない場合、抜歯となります。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病の進行具合と治療方法


PAGE TOP