トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周内科の流れ

歯周内科の流れ

歯周内科の流れ歯周病菌検査
まず顕微鏡でお口の中の菌の状態を確認し、歯周病菌をチェックします。治療が必要だと判断された場合、治療スタートとなります。
治療対象は、中等度・重度歯周病(P2~P3)で、軽度歯周病(P1)は簡単な歯石除去と歯のクリーニングで十分です。

次へ
歯周内科の流れ飲み薬(ジスロマック)を服用
1日1回2錠を3日間連続で服用します。
3日間服用することにより効果が1週間持続して、歯周病菌を除菌します。

次へ
歯周内科の流れペリオバスターNによる歯磨き
お口の中に1回4プッシュし、クチュクチュとお口の中全体に行き渡るようにします。続いて5分間、歯と歯ぐきの間を細かく磨きます。これを1日3回行います。

次へ
歯周内科の流れ除菌後の歯石とり
薬剤の服用と並行して、歯周病の原因菌の棲み家である歯石除去を行います。歯石除去は、まず歯ぐきの上の見える歯石を除去し、次に歯ぐきの下の見えない歯石を取り除きます。歯ぐきの下の歯石は6ブロックに分けて行いますので、治療期間は2~3ヶ月ほど要します。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周内科の流れ


PAGE TOP