トップへ » 治療について » 審美歯科 » セレックオムニカム(CAD/CAMシステム)によるセラミック補綴物作製

セレックオムニカム(CAD/CAMシステム)によるセラミック補綴物作製

セレックセレック当院ではコンピュータ制御で患者さまに合ったセラミック補綴物を作製することのできるセレックオムニカム(CAD/CAMシステム)を導入しております。

特殊な3Dカメラで撮影した患部の歯列をモニター上に再現し、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計、3Dプリンター(ミリングマシン)がデータをもとに修復物を作製します。

通常なら技工所に作製を依頼するセラミックの被せ物や詰め物を、院内にあるマシンで作製する事ができるので歯型を取る必要がありません。これにより1日(約1時間)での治療が可能な上に、経済的なメリットもあります。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » セレックオムニカム(CAD/CAMシステム)によるセラミック補綴物作製


PAGE TOP