トップへ » 治療について » 症例集 » 喫煙者にインプラント埋入後、骨と生着せずに脱落し、再度埋入を行い成功した左下奥歯インプラント2本の治療例

喫煙者にインプラント埋入後、骨と生着せずに脱落し、再度埋入を行い成功した左下奥歯インプラント2本の治療例

インプラント治療前
向かって右下奥歯の抜歯後義歯を入れたのですが、異物感に慣れずそのまま放置していました。右下5番目の治療を機に噛めるようにしたいとインプラント治療を希望されました。

next
インプラントインプラント埋入(1回法)
向かって右下奥歯に2本インプラントを埋入しました。
その後の手術回数を減らすため、今回は1回法を選択しました。

next
インプラントインプラント脱落
メーカーの規定通り、術後4か月目に仮歯の型取りを行ったところ、奥歯の1本が骨と生着していないことが判明し、インプラント体を撤去しました。ちなみにこの患者さまは喫煙者でした。

next
インプラント治療後
十分な骨の安静期間を取ったのち、再度奥歯にインプラント1本を埋入しました。その後のインプラント体は骨に生着し、治療を終えました。
治療後4年が経ちましたが経過は良好で、自分の歯のようで違和感ありませんと喜んでおられます。

なお当院ではこの症例を機に喫煙者のインプラント治療を見合わせています。また、治療の安全性を期するためにすべての症例で2回法を選択しています。

【治療期間】1年5か月 【費用】798,000円


トップへ » 治療について » 症例集 » 喫煙者にインプラント埋入後、骨と生着せずに脱落し、再度埋入を行い成功した左下奥歯インプラント2本の治療例


PAGE TOP