トップへ » 当院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯科治療が不要になることが、私の夢です

歯科治療が不要になることが、私の夢です

院長あいさつ

私は、「警察と医者が暇なら幸せな世の中だ」と考えています。
歯科治療ではなく、検診や予防、日常的なケアのために患者さまが医院に通い、私ではなく、スタッフのところに通って楽しく話してくださるのが、一番幸せなことだと思っています。

虫歯や歯周病で歯がとても悪くなってしまってから、治療を受けて痛い思いや苦労をされるより、定期検診や予防によって歯の健康を保っていただきたい。そして、歯科治療に費やす費用と時間を、好きな事に使って人生を楽しんでいただきたいと考えています。そのためにはまず始めに、歯科治療に十分な費用と時間をかけてください。そうすれば後々結果がついてきます。

予防に力を入れていきたい
最初にメインテナンスを行いやすい環境を作り、その状態を長く維持するために定期検診を受けてほしいと考えています。

この町に生まれ、この町で育ち、今この町で歯科医療に携わっている。子供の頃によくアイスを買いに行ったおかず屋のおじさん、おばさんなど、お世話になった方たちが「先生、先生」と言って定期的に検診を受けに来てくれる。幸せだなと思うと同時に、子供の頃の恩返しをしなくては、と身が引き締まる気持ちでいます。
父から医院を受け継ぎ、医院を開業した最初の日に10人の患者さまをお迎えして以来、患者さまがいらっしゃらないという日はありませんでした。地域の皆さまには心から感謝しています。

感謝の気持ちを忘れずに、いつか歯科治療が不要になる日を夢見ながら...。地域の皆さまに愛される歯科医院を目指して地域に根ざした治療を続けたいと考えています。

院長あいさつ口腔外科専門医として
大学卒業後、大学病院の口腔外科と名古屋市内の総合病院の歯科口腔外科に9年間勤務していました。口腔外科では親知らずの抜歯から、骨折や腫瘍の治療を行なっていました。これらの治療経験と学会発表、論文執筆などを行った結果、「日本口腔外科学会認定口腔外科専門医」を取得しました。

口腔外科専門医は歯科専門学会の中でも最も取得の難しい認定資格です。口腔外科専門医として、お口の中の病気の診断と治療を行いますが、大きな手術が必要な場合、どこの病院に紹介するのが適切かを判断してから紹介します。

また、総合病院勤務時代では、心疾患や脳疾患など全身の病気をお持ちの方の治療を行なうことが多く、医科の先生と連携を取ったり、検査データから病状を把握して歯科治療を行なっていました。この経験をもとに全身状態についても、かかりつけ医として連携して治療を行います。

口腔外科専門医手術症例・入院症例はコチラ


トップへ » 当院について » 院長あいさつ・経歴 » 歯科治療が不要になることが、私の夢です


PAGE TOP