2012年6月 « トップへ » 2013年7月

2012年9月 5日

口腔外科専門医として

あごの関節、筋肉の痛み、機能障害と、噛み合せ、生活習慣などを診査し原因を探ります。
治療は症状に合わせて痛みや機能障害の原因を1つずつなくしていくように痛み止めの内服や、噛み合せの調整を行います。
重症なものは、関節内への注射や関節腔の洗浄、ヒアルロン酸注入という方法もあります。この場合は病院歯科口腔外科を紹介します。


2012年6月 « トップへ » 2013年7月


PAGE TOP