2013年7月 9日 « トップへ » 2013年7月11日

2013年7月10日

親知らずの抜歯について

口腔外科親知らずは必ずしも抜く必要はありません。健康できちんとそろった歯の場合、抜歯をしなくても良いケースもあります。ただし、以下のような状況・症状がある場合、抜いた方が良いケースもあります。

1.痛みや腫れがある場合
2.横向きや斜めに歯が生えている場合
3.中途半端に歯が生え止まっている場合
4.歯並びに悪影響を及ぼしている(及ぼす恐れのある)場合
5.噛み合わせに問題がある場合

口腔外科専門医として
数々の外科的治療に携わってきたドクターの高い技術によって、難症例にも対応することが可能です。

異常に生えた親知らずを放置しておくと・・・
・食べ物のカスなどがたまりやすく、虫歯になりやすい
・歯ブラシが届きづらいので、虫歯や口臭の原因となる
・隣の歯を押して、噛み合わせが悪くなる可能性がある
・親知らずが原因で歯肉炎を起こす可能性がある

顎関節症について

顎関節症顎関節症とは、あごの関節のまわりの機能が低下することによって起こる症状で、「口が開きにくい」「食事をするときにあごが痛い」「口を開けたり閉じたりするとゴリゴリと音がする」といった症状が見られます。

顎関節症の原因の多くは歯ぎしり・食いしばり
顎関節症の原因はいくつかあり、「これが原因」という明確なものがないのが特徴です。ただし、原因の多くはストレスから来る「歯ぎしり」や「食いしばり」によるものと言われています。顎関節症を治療することで、肩こりや頭痛が改善されたケースもあります。


2013年7月 9日 « トップへ » 2013年7月11日


PAGE TOP